舌に出来物疑惑で病院に行った時、先生から言われたこと。

「ちゃすけちゃんは去勢手術する?」

去勢手術・・
先生、わたし・・まだ悩んでいるんですよ~。

先生が去勢手術について聞いてきたのは、
きっとちゃこが経験した病気のことがあるからだと思います。


男の子のママさん、パパさん、去勢手術しましたか?


女の子は避妊手術をしないとホルモンバランスが崩れやすくなり、
ガンのリスクが高まるそうなので
男の子と一緒に生活をしていなくても避妊手術はした方がいいと言われているそうです。
先生のお話だと、なるべく早く、
体力的な面も肉体的な面でも若いうちに早めの手術を・・だそうです。

わたしはずっと男の子のママなので詳しいことはわかりませんが
女の子のママさんパパさんは避妊手術をされている方も多いよう・・。


じゃあ、男の子は?


男の子のママさん、パパさんはどう考えているのでしょうか?
みなさまからお話をお聞きしたいし、
ちゃこが経験した病気についてのお話もしたくて書いてみました。

・・ブログにずっと遊びに来てくれている方はもう気付いているでしょうか?
なんだか長くなりそうな記事だな~・・・ってこと。

ふふ、長く長くなりますよ~。
なので例のごとく、お気軽にスルーしてくださいね♪


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ここから先、記事の中に病気の写真があります。
苦手な方はこのままお戻りくださいね。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



わたしはね~・・ちゃこと一緒に生活をしていた時から

「女の子と一緒に生活しているわけでもないし、
かわいそうだもの。痛い思いをする必要はないよね。」

と、去勢手術はしない派だったのです。
でもね、その判断は間違ってたんだよね?
と、後悔する日が来るのです・・。

ちゃこが10歳の時、精巣腫瘍になりました。
5歳の時、6歳の時、7歳の時、8歳の時、発症する子の年齢はさまざまですが
高齢になってから発症する可能性のある病気です。

うさぎさんの寿命は6,7年と言われていますが
今の飼い主さん達なら、これからもっともっと進むだろう医学なら
もっともっと長生きしてくれるはずだとわたしは信じています。

だから、精巣腫瘍のことも頭に入れておいてほしいのです。
そして去勢手術について考えてほしい。



628
この写真は、手術台に寝ているちゃこの写真です。
ちゃこのタラコちゃんが右側は膨らんでいるけど左側が萎縮しているのがわかりますか?


この状態になる何年も前から、タラコちゃんに出来物が出来始めました。
気になって4件の病院で診てもらいましたが
「すべての病院で年齢的なものです」と言われました。
潰れた出来物を調べてもらったりもしましたが結果は変わらず。

本当にそうなのかな?
精巣腫瘍の前兆だったわけではないのかな?
今でも気になります。


腫瘍には良性と悪性のものがあります。
切除し、病理検査に出してみなければ判断は出来ません。
手術は去勢手術と全く同じもの・・なのですが、
高齢になると簡単な手術ではなくなります。

10歳という高齢の体が手術に耐えることが出来るのかどうか。
レントゲン、血液検査、超音波検査など術前検査をしました。
結果は10歳とは思えないほどのいい結果。

手術をするかしないかの判断はすべて飼い主さんに委ねられますが、
正直、手術をしても手術をしなくても後悔してしまいそうで・・
決めることなんて出来ないです・・。

わたしはちゃこなら耐えてくれるはず・・と、
ちゃこを信じて手術をお願いをすることにしましたが
手術中、やっぱり手術なんてお願いしなければよかった・・と何度後悔したか分かりません。


手術は、ちゃこの頑張る姿をすべて目に焼き付けるため、
立ち会いでの手術を希望しました。
変わってあげることは出来ないけれど、
ちゃこの頑張りもちゃこの痛みもすべて分かち合うつもりで。

血管を確保し、抗生剤と痛み止め、吸入麻酔の使用。

手術時間は20分くらいだったでしょうか?
手術が終わってもなかなか目を覚ましてくれないちゃこに
何度も何度も必死で呼びかけました。

目を覚ましてくれた時、どれだけホッとしたか・・。
麻酔の抜けない体を無理に動かしながら手を舐めてくれた時、
乾燥気味の舌の感触に涙がとまりませんでした。

術後、4時間ほど入院点滴をし、その日の夕方に退院をしました。
手術が終わるまでの時間、麻酔から目覚めてくれるまでの時間、
生きた心地がしなくて涙が止まらなくて、
もしも・・のことを考えると自分の判断が間違ってたらと怖くなって震えました。


切り取ったタラコちゃんは病理検査に出し、結果は『精細胞腫』と診断されました。
精細胞腫は悪性腫瘍の一種です。
手術は無事成功し、悪性腫瘍もすべてきれいに取り切れ、
転移もない、と病理検査の結果でした。

ちゃこの場合は結果を考えると手術をしてよかったのですが
ちゃこの負担を考えると、ずいぶんと頑張らせてしまったなぁ・・と思います。
年齢のことを考えると、違う結果になっていても不思議はなかったと
後日先生がポロリとこぼしました。

実はね、
病理検査の書類や、病理検査で使った切片も
病院を変えた時なんかにいつか役に立つ日が来るはず・・と貰い
今も手元にあるのですが・・
ブログではさすがに公開出来ませんね^^;

高齢での手術は、本当に本当に大変です。
手術が成功しても、それは成功とすぐに呼べるものではなくて
ただでさえうさぎさんは麻酔に弱いのに、
高齢になるとさらに目覚めが悪いのです・・。
手術は成功したのに、そのまま目が覚めない・・辛いけどそんなこともあるそうです。


高齢になってから発症する精巣腫瘍のことを考えると
問題行動がなくても、女の子と一緒に生活をしていなくても、
去勢手術について・・・考えてしまいませんか?

去勢手術をするなら生後6ヵ月頃がいいそうです。
ちゃすけももう6ヵ月。
そろそろ本格的に考えなくてはいけない時期になりました。

ちゃこの経験を活かすなら去勢手術をするべきなのですが
まだまだ悩んでしまうわたしがいます。

みなさんはどう考えていますか?
ぜひみなさんの考えを聞かせていただきたいです。


長々と読んでいただきありがとうございました。
ポチッとクリックで応援よろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
にほんブログ村

こちらもポチッとクリックで応援していただけたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
142
人気ブログランキング



いつも応援ありがとうございます♪