保存療法118日目 * 診察終了

 28, 2015 14:36
骨の反応が出るのは、早くても2ヶ月後。
そう言われていたので、ゆっくりと体調を回復させてもらい、
3ヶ月半ぶりに骨折の経過を診てもらうため、お出かけをしてきました。


先生とも、お久しぶりでしたが優しく笑顔で迎えてくださいました。
本当に優しい先生なのです

レントゲンを撮っていただくと、
「すごくいい結果が出ていますよ!」と嬉しいお言葉。

・橈骨と尺骨が複雑骨折で離れているため、骨と骨がくっつくことは難しい。
・筋肉で固めてくれるといいんだけど・・。
と言われていた3ヶ月半前。

今回のレントゲンでは、しっかりと骨と骨同士がくっついてくれていました
少しお手手は太くなっているそうですが(わたしが見ても分からない程度です)、
もう、骨折前とほぼ変わらない状態まで回復をしてくれているそうです。
太くなったお手手も、時間の経過と共に、少しずつ元通りになる可能性もあると
嬉しい診立てもいただきました。

・骨折後の安静にしていた状態が良かったこと。
・安静にした後、右手をかばいながらもしっかりと運動をしたことがリハビリにつながったこと。
この2つが上手く重なって、いい方向に向かってくれたのでしょう。
と、ちゃすけの自然治癒のチカラに先生も驚かれていました。

もちろん、ちゃすけの頑張りがあってこそですが、
かかりつけの先生がうさぎさんにより強い病院を紹介してくださったことも、
骨折でお世話になった先生が、的確な判断をしてくださったことも、
たくさんのうさ友さんがちゃすけのためにチカラを貸してくださったことも、
すべてがあったからこそ、こんなにいい結果が生まれたんだと思います。

骨折が完治するまでには長い時間がかかると言われていますが、
ちゃすけは、4ヶ月で診察終了となりました。
みなさまのおかげです。
本当にありがとうございました

[広告] VPS

ちゃすけの元気いっぱいのホリホリ。
もう、どこにも痛そうな様子はありませんよ~


↓ポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村