先生に相談してきました。

 02, 2014 01:22
コメント、メールをいただき読ませていただくたびに
我慢している涙が溢れます。
支えてくださるうさ友さんの存在がありがたくて
ちゃすけのために駆けつけてくださった方々のお気持ちが嬉しくて
感謝の言葉しかありません。
本当に、本当に、ありがとうございます。

今日のちゃすけですが、
お腹を動かすお薬に骨折のお薬、そして、痛みどめ。
今までに飲んだことのないくらいのお薬の量を上手に飲んでくれるのか・・。
そんなわたしの心配をよそに、しっかりとお口に運んでくれました。
●は小さく小さくなっていますが、それでもしっかりと数を出してくれています。

今日は、迷惑を承知で、
手術のこと、保存療法のこと、いろんな疑問を聞くために病院へ行ってきました。
電話よりも直接お話を聞く方がいいと思い出かけてきましたが
ちゃすけはゆっくりしてもらうため、家でお留守番です。
診察時間終了後、1時間も丁寧に説明をしてくださった先生に心から感謝です。

自分の中で整理をするためにも
今のちゃすけの状態を書き記しておきたいと思います。

466

ちゃすけの骨折箇所から肘の関節までは5mmしかありません。
そのため、骨折箇所を固定するためには肘をピンと伸ばした状態で
肘ごと固定をするようなかたちになる可能性が高く、
肘の関節にも影響をあたえてしまい
骨折箇所が固定されるころには、
肘がピンと伸びたまま固定されてしまう可能性が高いそうです。
ピンと伸びた腕は、不自由以外のなにものでもなく、
そうなるくらいなら、曲げて固定をしてしまう方がいいくらいだそうです。
今、ちゃすけがなにも固定をしていない理由がわかりました。

手術をする場合は、ピンニングという手術を行いピンを入れる。
本来であれば創外固定をするのだけど、骨が細すぎて出来ないそうです。
肘の関節に関与しないようにピンを入れるのですが、
5mmというあまりにも短い距離が影響する可能性もあること。
肘の関節に関与しないようにピンを入れるつもりで手術を始めても
短い距離で固定が可能なのかどうか。
また、ピンを入れる時に最短距離からの挿入をすると肘の関節近辺からになるため、
挿入時に関節に関与してしまう可能性があること。

また、骨はピンを入れるとピンに頼ってしまい、骨自体が働かなくなる可能性もあり
継続的な通院が必要となるそうです。
最悪の場合、一度治った骨折がまた起こる可能性もあるとのこと。

固定をした場合と同様に、
せっかく手術をしても関節が近いため、肘が曲がらない可能性も高いそうです。
そもそも、手術自体が無理な可能性もあります。
そして・・怖い麻酔のこと。


そうなると、気になる保存療法ですが、
保存療法の場合は、手術も固定もせずに、
痛みどめを飲みながら痛みを消し、
骨同士がくっつくというよりは筋肉がかためてくれるのを待つ・・という方法。
気が付いていませんでしたが、ちゃすけの今の状況は
保存療法1日目ということになります。
昨日聞いていた亡くなる可能性もある2週間という期間が
スタートしていたのかと思うと祈るような気持ちになります。
骨折部分に対してなんの処置もしないわけですから、
現状のちゃすけの右手のまま、不自由は消えません。

ですが、ちゃすけは現状でもこんな姿を見せてくれるのです。


467
複雑骨折後、初めて見てくれたゴロンチョ姿。
痛みどめが効いているのかな?とリラックスしてくれている姿が嬉しい反面、
こういう行動で、どんどん骨が曲がっていくのかと思うと複雑です。
でも、ちゃすけにとっては大切なくつろぎの時間。
骨折との闘いを勝ち抜くために必要な休息です。
だけど・・
出来れば、健康な左手を下にゴロンチョしてほしかった・・。


468
ちゃすけは本当に頑張り屋さんです。
わたしがちゃすけを支えてあげなければいけないのに、
ちゃすけの頑張りにわたしが支えてもらっています。


469
複雑骨折している方の右手を下にしているため・・
起き上がる時にはバタバタと暴れてしまいます。
ですが、そっと手を添えてあげて
起き上がるのを助けてあげれば、上手く起き上がることが出来るので
わたしが気付いてあげればいいだけです。
ただ・・下敷きにして痛くないのでしょうか・・。


470
わたしの言葉に耳を傾けてくれたのか、
こちらは、複雑骨折した右手を上にしてのゴロンチョ。
上手に起き上がることが出来ました。

だけど、右手を下にすることの方が多いような気がします。
寝転びやすい向きが、そうなのでしょうか。
こうして見ていると、骨折しているなんて嘘みたい・・。
少し腫れているけれど、いつも通りにしか見えません。。


場所がもう少し手首の方であれば、固定も出来たのですが
関節に近いことが、固定をするにも、手術するにも悪い影響をあたえています。

先生との話し合いの中でも、
痛みどめで痛みを消しながら保存療法していく方法もいいと思うという話になりました。
整形の先生とお話をしていただき、
ちゃすけが生活をしていく上で最善の方法を提案してくださいます。
勝算のある手術でなければ、手術はしない。
その言葉に先生を信じようと思えました。
先生とお話をさせていただけたことで、
ちゃすけの今後についてしっかりと話し合いが出来ました。

相談をさせていただく上で、
過去の血液検査の数値、昨日から今日にかけての●、
ちゃすけが葛の葉を食べる動画、人参の葉を食べる動画、
お顔を洗う動画、とにかくいろんなものを持っていったのですが
ちゃすけの動画を見ながら「すごい、すごい!」とほほ笑んでくださる先生。
ここまでご飯を食べて●を出せるのはすごいことなのだそうです。
ちゃすけの頑張りに、わたしは感謝しなければいけませんね。
頼りないママを支えて励まして頑張ろうと言ってくれてありがとう。
これからは、ママがちゃすけを支えるからね。
ママがちゃすけの右手になるからね。

ちゃすけが骨折をする少し前に
ネザーの3歳の子が足を骨折したと来院されたそうです。
その子は3日間、全くなにも口にしていないそうで心配していました。
骨折と闘う同じうさぎさん、
どうかどうか、ちゃすけもこの子も元気に回復してくれますように・・。


[広告] VPS


kirikaさんからいただいた葛の葉。
お手々さえ見えなければ、いつもと変わらない豪快な食べっぷり。
ちゃすけを支えてくれる大切な葛の葉。
ありがたく、あげさせていただいています。
待合室でも、ちゃすけを助けて支えてくれました。
kirikaさん、本当にありがとうございます。


たくさんの方からいただいたお言葉と経験談、
ちゃすけのために必ず役立てます。
みなさま、本当にありがとうございます。

COMMENT 9

-  2014, 12. 02 [Tue] 06:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ごえもん  2014, 12. 02 [Tue] 08:36

初めまして ごえもんです
ツイッターで回ってきたので 訪問させていただきました

ちゃすけちゃん 手を骨折してしまったのですね
お見舞い申し上げます。。。

うちのむさしくんは4歳の時に背骨を折りました
当時は骨折手術をうさぎにしてくれるところはほとんどなかったので 保存療法という形を取りました
背骨の場合は脊髄軟化症という恐ろしい合併症があり 殆どの子は一ヶ月以内に亡くなります
でも 手足の骨折でストレスから命を落とす子って 本当に少ないですよ
先生は万が一のことを言われたのだと思います

うさぎって現状に慣れるのがとても早いって言われています
どんな状況でもちゃんと受け入れて暮らしてくれるので それこそ万が一体が不自由になったとしても それはそれで頑張って生きてくれます
ちゃすけちゃんの生きる力を信じましょうね

ちなみにうちのむさしくん 下半身不随のまま10歳4ヶ月生きてくれました
晩年は睾丸の癌にもなりましたが 手術もせずステロイドだけで1年ぐらいは頑張りましたよ
うさぎって 案外強いですよ
むさしくんなんて 怪我をして一週間ぐらいで 深さ10センチぐらいあるかごから脱走してリビングを手だけで走り回ったりしたものです
それも飼い主が追いかけるのがやっとというほどの速さでです(o´ω`o)ぅふふ

大丈夫です!
気を確かに持って頑張ってくださいね

Edit | Reply | 

ごえもん  2014, 12. 02 [Tue] 08:40

あっ (^^ゞ
間違えました。。。
背骨折ったのは5歳の時でした
済みません。。。

Edit | Reply | 

もふもふミッフィー  2014, 12. 02 [Tue] 10:50

ちゃすけくん、ゴロンチョしてる~
もうビックリしました!!
痛みどめが効いてるっていうのもあるんだろうけど、それにしてもこんな風に寛げるって大したもんですよ。
これなら、保存療法にしろ、手術にしろ、絶対に乗り越えてくれると確信できました。

それに大きな葛の葉も美味しそうにバリバリ食べてる姿は、普段と全く変わりないですよね。
ちゃすけくんって、emiさんが思ってた甘えん坊さんは単なる表の一面で、芯はしっかりした大物だって分かりました。

先生がおっしゃるように、骨折しててここまで普段通りの子ってすごく珍しいと思います。
若いというのもあるだろうけど、持って生まれた強い肉体と精神力があるんだと思います。

また、先生とじっくり相談できたのはよかったと思います。
決断を下すには色んな事を考えないといけないので、先生の意見を貰えるのは有り難い事ですよね。
いい先生に診て貰えるというのもちゃすけくんの強い運を感じます。

体力、精神力、そして運、これだけ揃って持ってるちゃすけくんなら、絶対にこの骨折も乗り越えて元気に復活してくれますよ!!
あとは、emiさんご自身が自分の事もしっかりケアしながら、ちゃすけくんをサポートしてあげれば大丈夫ですよ。

私のブログにも、「参考になるような情報はないけど、でもちゃすけくんの回復を心から祈ってます」というコメントを沢山頂きました。
きっと、みんなの応援もちゃすけくんの回復の後押しをしてくれることと信じてます。
ちゃすけくん、emiさん、今が一番つらい時だと思いますので、これを乗り越えれば、あの時は大変だったねって思えると思います。
体に気を付けて、頑張ってください。


Edit | Reply | 

rie  2014, 12. 02 [Tue] 12:53

ちゃすけくん、emiさん、ふたりのことがとても心配です。
昨日ブログを読んでから、ずっと頭から離れません。
でも、なにも情報がなくてごめんね。
今出来ることは、ちゃすけくんにストレスをなるべく感じさせないことだと思う。
ずっと見張ってるわけにもいかないけれど、起き上がるのをサポートしたり、出来るだけ左を下にしてゴロンするように仕向けたり。
言われなければ骨折してるなんてわからないくらい目に力がありますね。
こんなに前向きなんだもの、ちゃすけくんは乗り越えてくれますよ!

Edit | Reply | 

まはろん  2014, 12. 02 [Tue] 13:55

emiさん、こんにちは。
兎にも角にも、ちゃすけ君はすごい!
本当に強い子、頑張り屋さんですね。emiさんの気持ちをしっかりわかってくれていると思います。

あの病院の先生は、本当に信頼できる先生です。
私たちにできること、しなければならないこと、する必要のないこと…全てうさぎさん達が少しでも楽にストレスなく生活できるように、色んな角度からアドバイスをくださいます。
必要のない投薬をしたり、注射したりも絶対にしません。
だからemiさんが、先生とゆっくりお話をすることが出来て、さらに信頼できるようになった事、それがとてもよかったと思います。ちゃすけ君の為にも、大きな一歩だったと思います。
身体も気持ちも大変な中、本当に本当にお疲れ様でした。

私は前のコメントでも書きましたが、うさぎさんはとても強い存在だと思っています。
弱いとか、すぐに死んでしまうと言われがちですが、私たちの思いに応えて小さい身体で頑張ってくれる、とっても強い子たちです。
だから、ちゃすけ君も絶対に大丈夫。写真や動画を見て、さらにそれを強く感じました。
手術をしたとしても保存療法を取ったとしても、手(肘)に不自由は出てしまうかもしれません。
そうなったとしても、きっとその身体をいっぱいに使って、これからの兎生を楽しんでくれると信じています。

みんながついています!大丈夫!!
今日、ちゃすけ君が少しでも食べてくれたらと思って乾燥ニンジンを送りました。
どんどん食べてくれる頼もしいちゃすけ君、これからもみんなで支え合って頑張りましょうね!

Edit | Reply | 

ぼたん母  2014, 12. 02 [Tue] 14:28

ちゃすけくんのこの表情、この動画のくいっぷり!
ちゃすけくんは大丈夫って思えます、必ず元気になれますよ!
良いお医者様に診ていただけてよかったですね、安心して相談できますね
emiさんもあまり、無理をされないように・・・

Edit | Reply | 

-  2014, 12. 02 [Tue] 17:32

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

がじゅう  2014, 12. 03 [Wed] 02:05

ちゃすけくんの今後について先生と十分お話しができたことで
お母さんの気持ちは少しでも前向きになれたなら良かったと思いました
いっぱい心配なのはわかります
でも、ちゃすけくんのお顔を見ていると、生きるエネルギーを感じます

突然ですが、私が八丈島から取り寄せている明日葉という野菜の乾燥茎があるのですが
今まで何度も食欲がなくなった子や病気の子に食べてもらっています
とても栄養価が高く、繊維も豊富なのでお腹にも良いかと思います
今ちょうど旬の時期で、我が家にストックがたくさをんありますので
もしも欲しいのであればすぐに送りますので、メールアドレスを書いておきましたので良かったらメール下さいませ
遠慮なく言って下さいませね

Edit | Reply |