やめる勇気。

 19, 2014 21:24
ちゃすけだけでなくわたしにまで、
温かいお言葉をいただきありがとうございます。

ちゃすけですが、通院のストレスも今は危険だということで
火曜日の病院を最後に通院をお休みしています。
命をつないでいる点滴と補液と強制給餌をやめること・・。
お薬を飲めない状況で点滴や強制給餌をやめてしまう怖さはもちろんあったのですが、
なにより一番怖いのはこれ以上ストレスをためてしまうこと。
このまま通院を続ければちゃすけはストレスにつぶされてしまうかもしれない。
通院していた4日間のちゃすけの体調を診断していただき、
少しだけどいい兆しが出て来ていることを考えていただいた上での決断です。
1日ゆっくりと休んでもらいながら様子を見て、
調子が悪くなるようならすぐに病院に行くことを先生と話しました。

通院をやめた水曜日は辛そうで
移動もほとんどせずにカイロで体を温め続けていました。
ただ、病院に行かなくていい・・そのことは、本当に嬉しそうにしていました。
そばにいてあげること、お腹をさすってあげることしか出来ませんでしたが、
ちゃすけはひとりじゃないこと。
ママとパパとちゃすけと3人で頑張るんだってこと。
遠い場所からちゃすけを応援してくれる方がたくさんいること。
どんなことがあってもママとパパはちゃすけのそばにいること。
頭をなでなでしながら、ゆっくりとちゃすけに話しかけ続けました。

木曜日になり、ほんの少しストレスがとれ始めたのか
前日よりもおめめにチカラが戻り始めました。
病院に連れて行くかどうか本当に悩みました。
「うさぎさんの不調に待ったなし!」と思っているわたしにとって
点滴や補液のチカラも、強制給餌のチカラも借りたい気持ちでいっぱいでしたが
ちゃすけのおめめを見ていると、連れて行かない方がいいような気がして
わたしの判断で病院に連れて行くのはやめました。
ただ、いつでも連れて行ける準備だけはしていました。


498
ちゃすけの待ち望んでいた大好きなお野菜。
りおんさんにお願いをしてまたまた送っていただきました。
たっぷりと詰めてくださった新鮮なお野菜たち。
そして、温かいお手紙。
箱をあけた時からりおんさんの優しさがいっぱいでウルウル・・。

さっそく、ちゃすけに人参さんとフェンネルを持って行ったら・・
あまり動かなかったちゃすけが玄関まで来て待ってる・・・!
食べれなかったのが嘘のように、すごい勢いで食べてくれました
りおんさんのお野菜は、お腹を満たし、お水を飲まなかったちゃすけの喉を潤してくれて
牧草を食べる元気までくださいました。
もぅ・・感謝の言葉しかありません
りおんさん、何度もちゃすけを助けてくださってありがとうございます。


499
おトイレに行く元気も出ました。
小さくていびつな●も、少しずつ落ち着いてきてくれています。


500
右手をしっかりと地面につける様子も見せてくれました。
おめめも、キラキラと輝きを取り戻してくれました


金曜日。
ペレットを食べ始めてくれ、牧草も自分から食べ始めてくれました。
おトイレに行く回数も増え、葛の葉アピールも、お野菜アピールも
おめめをキラキラさせてしてくれています。
まだまだ油断は出来ませんが、一番危ない時は乗り越えてくれたかな・・と思います。
きっと、先生の判断によって、
ちゃすけはストレスから解放されて、生きるチカラ、頑張るチカラを取り戻してくれたのだと思います。

通院をやめること。
もしかしたら、余計にちゃすけを苦しめる結果になるかもしれないと
不安で怖くて仕方がなかったのですが、
ストレスから解放されたちゃすけは、通院をしていた時よりもずっとずっと
調子も良く、気分も良さそうです。

先代ちゃこの時代から、本当にたくさんの病院をまわりました。
市内の病院も、お隣の市でも、
うさぎさんが診れるという先生にはほとんど会ってきたと思います。
一度行ってダメだと思った病院がほとんどですが
しばらく通った病院もありました。

ですが、
まだ調子が良くなっていないのに「お薬をやめてみましょう」と言われたことは
今回が初めてです。
調子が良くなるまではお薬は飲まなければいけないもの。
そう思っていたので、正直・・
もうちゃすけはお薬に頼ることすら出来ず治療すら出来ないんだ・・
と、見放されたような気持ちにもなりそうになりました。
そんなマイナスな気持ちにならずにすんだのは、
通院のストレスだったり、お薬のストレスだったり、
これまで良い子すぎるほど素直にお薬を飲んでくれていたちゃすけの
全力での拒否を見ていたからだと思います。

お薬をやめるという決断をすることは
いい方向に進んでくれるとは限らない怖い決断ですが
ちゃすけのことを第一に考えて決断をしてくださった先生の判断に感謝しています。
全くお薬を飲んでいない状態でどうなっていくのかわかりませんが
1日1日、ゆっくりと回復をしてくれています。
ちゃすけの頑張りとわたしたちの想いはきっといい方向に向かってくれる・・!
そう信じて頑張ります。
慎重に様子を見守りながら、出来ることすべてを全力でサポートしていきます。


↓頑張るちゃすけに、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT 7

クゥ  2014, 12. 19 [Fri] 22:10

こんばんは!
ちゃすけくんおかげんどうですか?寒さもますます厳しくなって行くなかでの通院もお薬も大変でしたね><

薬のせいでストレスが溜まっていつか爆発!よりはちゃすけくん自身の回復力で少しずつでも回復してもらえたら最高ですね!

ちゃすけくん頑張り屋さんだから♫
それにやさしいママもパパもいてくれるのですから大丈夫です(´∀`)
一日でも早い回復心から応援しています!
ちゃすけくんファイト!!
emiさんたちも無理なさらないでくださいね><

Edit | Reply | 

がじゅう  2014, 12. 19 [Fri] 22:21

ちゃすけくんの体に新鮮な愛情いっぱいのお野菜は
元気をくれるんでしょうね
嬉しいことですよね、こういう時の助けって
うさ友さんに感謝感謝ですね

ちゃすけくんは、自分の力で乗り越えられる子だと思います
ママが思ってるよりボクは強いぞってお目目していますよ

北海道は猛吹雪だったりとニュースで見るたびに
爆弾低気圧の影響もあるのでは?と思いました
低気圧のバカヤロー!!

ちゃすけくん、低気圧なんかに負けないでね
まるも、りりも応援しているよ
たくさんのみんながちゃすけくんの回復を見守ってるよ
ママとパパがいれば大丈夫だよね
食べて出して、ネンネして
早くぴょんぴょんできるようになりますように

Edit | Reply | 

-  2014, 12. 19 [Fri] 23:15

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

もふもふミッフィー  2014, 12. 19 [Fri] 23:27

りおんさんの野菜を喜んで食べてくれたんですね~
私までウルウルしてしまいました。

ちゃすけくんはお薬や点滴よりも自然の力を待ってたんですね。
それこそ、うさぎさんの本能的な生命力の証しかもしれませんね。

もちろん、病院で治療を受ける事が回復への一番の近道かもしれませんが、それが却ってストレスになるのであれば、自宅でその代わりになるものを与えてあげればいいんですね。
ちゃすけくんのおかげで、とても大事な事を学んだ気がします。

強制給餌は自宅でも出来るらしいけど、今はペレットも自分で食べる元気が出てきたみたいだから、強制給餌の必要はないですね。
とにかくちゃすけくんとemiさん、そしてご主人の頑張りには、本当に感動します。
もう少しだけ頑張って下さいね。
そうすれば、きっとちゃすけくんはもっともっと元気になってくれると思いますから。
写真のちゃすけくんを見て、そう確信できましたよ。


Edit | Reply | 

maronママ  2014, 12. 20 [Sat] 09:03

はじめまして

初コメです、骨折の記事を見てから心配で、ずーっとblog見てました。

ちゃすけくん回復してくれて本当によかった(v^-゜)

具合悪いのに、薬も通院も出来ず、様子を見る事しか出来ないのは、どんなにどんなに辛い事だったか…、身につまされる思いで読みました。

骨折から二週間、このまま元気なちゃすけくんに戻ると良いですね~o(^-^)o

Edit | Reply | 

-  2014, 12. 20 [Sat] 09:09

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ポンデ  2014, 12. 20 [Sat] 12:53

ちゃす 大丈夫?

emiさん こんにちは。
ちゃす。おなかの具合はどうかな?
ウチのポンデくんも同様にお腹の調子を崩すことが多いです。
環境的に非常に近いので、私が気をつけている事を少し書いてみます。
まず室温です。朝晩や天気による急激な温度変化が影響するということから、室温の
変化が急激にならない様に気をつけ、温度変化+− 2度以下に抑えています。
また、飲水が冷たい(彼処はお水が冷たい)と飲水量が減るので、ぬるま湯をつくって与えています。
この様にしてから、調子を崩すことは大幅になくなりました。
なにかの役にたてば幸いです。

Edit | Reply |